はじめまして!リノベーション_001

投稿日: カテゴリー: はじめまして!リノベーション

はじめに 

こんにちは、MET Design Homeです。

年の瀬も迫ったこの季節、そろそろ家の大掃除に着手し始めた方も多いのではないでしょうか。

かくいう私もちょうど昨日、百円均一でお掃除グッズを購入、窓を拭き上げたところです。窓のようにたま〜にしか手を出さない部分って、どうにも汚れが溜まります・・・。

でも掃除し終わると、思った以上にスッキリ!室内から見る空が断然きれいになって

(どれだけ汚れていたのでしょうか?)気持ちも上がります。

私のように、どちらかというとお掃除が苦手寄りな人は、終わった後の視覚的効果の高い場所からスタートするといいのかもしれません。

 

(ちなみに購入したのはペットボトルを装着できる毛足の長いアクリルたわしなのですが、これが思った以上に便利でした。

我が家のベランダは水道がないので、何度もバケツで水を汲みに行かずして綺麗な水で拭き掃除ができるこのグッズ、今後は手放せそうにありません。

このようなアイデアを次々に思いつく(しかも100円で提供する)日本の百円均一、もはや世界に誇れる文化といっても過言ではないのでしょうか・・。)

と一通り私の掃除事情(と日本の百均)について書き連ねたところで、家つながりの(?)本題スタートです。

 

こちらのブログを読んでくださっている方の中には、「そろそろ物件を購入したいかも・・」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

賃貸生活も長くなってくると(何を隠そう私もその一人)、何となしに考え始めるのが家の購入ですよね。決して安くはない買い物とわかっちゃいるが、諦めきれないマイホーム・・。

 

広くて使い勝手の良いキッチン、普段は子供たちが楽しく遊べて夜は大人がお酒と映画を楽しめるリビング、贅沢かもしれないけどちょっと書斎もほしいな、ナドナド。

 

考え始めると妄想は膨らむばかり。。。 えぇわかります、その気持ち。

 

一瞬カフェと勘違いしてしまいそうな、オシャレなリビング。

 

 

というわけで、こちらのブログでは実際にそんな(良い意味での)ワガママを叶えた物件をご紹介しながら、みんなで未来のお家を想像して楽しんでいこうという主旨の下で始めたいと思います。

 

「いつかは気に入った家に住みたい…!」、そんな希望を少しず〜つリアルなものにしていきましょう!

 

リノベーション=手を加えてよくすること、再生、修復

 

「リノベーション」

ここ数年、様々な場所で目にするようになった言葉です。

 

古くなった壁紙や設備を交換するリフォームよりも、もう少し踏み込んだお部屋の変更、と言ったらいいでしょうか。

 

例えば、小さく区切られた部屋の間仕切りを取り払って広いリビングを作る、とか、明るい場所で料理がしたいからキッチンをベランダ側に移動する、とか、そんなことを指します。

 

広々とした明るいキッチン、見ているだけで爽やかな気分。

 

 

上記のとおり、「元の状態に手を加えて、より自分らしく暮らせる家にすること。元の状態を活かしながら、その機能を修復したり再生させること」が、リノベーションといえるでしょう。

少しだけ専門的に説明すると、建物の躯体(建物の構造を支える基礎や柱)に影響を与えない範囲内で、間取りや用途を変更することを指します。

 

ということは、です。

 

「リノベーション」

 

この言葉には。

そう、あんな夢もこんな夢も叶えられる可能性が詰まっている、かもしれません・・・

 

新築物件にはもちろん、新築にしかない魅力がありますよね。

何から何まで全てが新しく清潔で、またそれを使う喜び。最新の設備機能は便利で、生活の質が上がりそうです。

 

でも実は。中古リノベーション物件にも、なかなか新築物件では手に入らない良さがあるらしい、、、らしい。。。

そう聞くと、ちょっとどんなものか、のぞいて見たくなりませんか?

 

リノベーション物件のどんなところが一体そんなに良いのか?

新築物件と、どうやって比較すればいいのか?

 

一緒に、ちょっと詳しく見てみましょう〜!

 

➡︎第2回へつづく

リノベーション前の物件。さて、どう変わるかというと・・・?
 
こんな感じになりました!木の色が変わって明るい印象に!