さいたま市浦和区高砂をご紹介

投稿日: カテゴリー: Town Navi

今回はさいたま市浦和区高砂(たかさご)を紹介していきたいと思います。

高砂は浦和駅と、その 西側に横長く位置しています。

 

ちょっと紹介しますと・・・

浦和駅は、大宮駅に続き県内で2番目に乗車人員が多い場所。

駅前には伊勢丹浦和店コルソといったショッピングモールがあるほか、

埼玉県庁埼玉警察署などの主要な機関も集まるエリア。

 

買い物、手続きなど、何かの目的のために訪れることが多く、

住む、というイメージがあまり浮かばない街かもしれませんが、 

高砂には埼玉・浦和の魅力を生かしたお店がたくさんあったり、

思いがけないアートが溢れた街でもあります!

 

それでは紹介していきましょう!

 

 

浦和駅の改札を出るとすぐに、こんなところを見つけました!

カフェに併設された観光案内所

 

入ってみると・・・

お洒落で入りやすい雰囲気

 

たくさんの資料が壁一面にディスプレイされています。

浦和で行われるイベントや街のマップなど、便利な資料がいっぱい!

今の時代、何を調べるのもネットで検索するのが主流になりつつありますが・・・

ぶっちゃけ、ネットの情報ってどれが正確か判断しにくいところ。

 

ここに来れば、正確な情報を得られるほか、

思いがけない発見があること間違いなしです!

 

私は、今回、浦和区のマップと、さいたま市のスイーツのガイドブックをGETしましたよ

 

観光案内所を出ると、その横には、

URAWA SOCCER STREETという通りがあります。

洗練されたデザインだなあ
浦和レッズのグッズのお店です
文房具から応援グッズまでズラリ!

 

オフィシャルショップRED VOLTAGE

とーーーっても品数豊富!

店内のテレビでは試合の様子が流れていて、ファンの憩いの場でもあります。

 

駅の中が充実しているので、ここだけで楽しめちゃいそうな気がしますが・・・

そろそろ外に出てみましょう!

 

通りを抜け、階段を上がると駅前のロータリーに出ます。

バス待ちや休憩用のベンチがあって、広々した空間

 

大通り。

大通りは歩道も広くてすっきり

 

高砂には江戸時代の五街道の一つでもある中山道が通っていることなどもあり

車通りが多いなーと感じましたが、圧迫感が全然なくてすっきり。

広い歩道で手をつないで歩く家族を見て、ほほえましくなりました。

 

 

中山道沿いを歩いていると、

チェーン店や派手な色づかいのお店も多いですが・・・

そんな中、

ひときわ目を引くお店を発見!

瓦屋根と暖簾が伝統を感じさせる外観!

 

ちょうど暖簾を下げに出てきた店員さんにお店について聞いてみると、

なんと創業80年以上の老舗なんだとか!

街並みからは想像できなかったお店がいきなり現れ、テンション上がっちゃいました。

お邪魔してみましょう!

この建物も40年以上使われているんだとか
お酒も種類豊富。埼玉の銘柄もありました

 

ザ・和食店な音楽がかかった粋な店内。

インテリアやライトの雰囲気も趣があって

時間がゆっくりと流れていくよう。。。

 

数あるそばの中から、お蕎麦の風味を引き立たせてくれそうな

さっぱりとした、なめこおろしそばを注文。

具材たっぷりで食べ応えありそう

 

美味しい~~~~!!! 

コシがあってしっかりしています。

4代続く伝統あるお蕎麦。その歴史までしっかりかみしめます。

 

最後にそば湯もいただきました。

ごちそうさまです。

 

 

予想外のお店を発見できて大満足でした。また来たいな。

まだまだ新しい発見ができるかもしれません、もう少し大通りを歩いてみましょう! 

浦和のうなこちゃん。人気アニメでおなじみのやなせたかしさんの絵。
歩行者天国ゾーン
何のオブジェだろう・・・気になる

 

 レンガ調の大きな建物を発見!

存在感がスゴい!!何の建物でしょう

ここは埼玉会館

設計は建築家の前川國男氏。

国の有形重要文化財に指定された木村産業製作所や、

東京文化会館など数々の作品を残した、日本におけるモダニズム建築の先駆者です。

 

そんな有名建築家の作品が、まさかこんなところで見られるなんて!

外観には「打ち込みタイル」を全面に使用しています

 自然の焼きムラがあるタイルと、一部に垣間見られる打ちっ放しコンクリートとが絶妙な対比をなしています。

これは前川建築の特徴的な手法なんだとか!!

 

さらに埼玉会館には、こんなアートも。

全く違う二方向が映し出される

彫刻家、多田美波氏の「gem」という作品。

光の反射を用いた抽象的立体造形作品です。

奥が深い。。。

 

高砂がこんなにアートにあふれる街だったなんて!!!

ココに来ればひらめきとか、新しいデザインとか、何かが頭の中に浮かんでくるような。

建築や美術に興味がある方にはぜひ立ち寄ってほしいです!

 

 

そして、この街の代表的な建物といえば埼玉県庁!

普段あまり行く機会はないので、今回ご紹介します。

貫禄あります!!
埼玉の国際化と人々の交流をモチーフにした文字盤とお花たち

 

この日は祝日だったので静かな雰囲気。

普段はいろんな人が訪れているのかな。

 

敷地が広いので、散歩してみましょう!

 

お?

こんなところに、、、

カフェかな?

テラス席がさわやか!

 

県庁の敷地内の衛生会館の一階部分。

 

ん?

このロゴマーク!

埼玉のキャラクター、「コバトン」じゃないですか!

そういえば、さきほど観光案内所でもらったスイーツガイドブックに、このお店が載っていました!

入ってみましょう!

コバトンカフェ

 

店内は、家族連れに向いた明るさと、オトナな落ち着きのある二つの雰囲気!

ぬいぐるみや絵がたくさんで子供たちも楽しめる!
ゆるキャラたちがのぞいています

 

甘いものが食べたかったので、

自家製のシフォンケーキを注文しました!

ココアパウダーで絵が描かれています

 

埼玉県のマスコットキャラクター、コバトン。

よく見ると可愛い。。。

 

メニューのパスタやピザには埼玉県産の食材を使ったものもあります!

埼玉以外の人にぜひ紹介したいお店です。

 

 

 

いかがでしたか。浦和区高砂。

埼玉、浦和の特徴や魅力が感じられる街でした。

埼玉を知らない人にも来てほしいな~。

また、この街は居酒屋や歓楽街が少なく、道路などや建物が整備されている印象だったので、

女性や子どもも安心して歩けるのも魅力だなと。

ぜひ、高砂で浦和のいいところをたくさん探してみてほしいです!